介護・福祉タクシーはタクシー許可の一種ですので当然車両が必要になり、許可申請の段階で車両が確定している必要があります。

申請段階で所有しているのが望ましいですが、購入前の段階、すなわち見積の段階でも申請ができるようになっています。

ただし、車両が確定している必要がありますので、申請後にその車種や年式、グレードがなど何かが変更になると計画の変更という扱いになり、最悪不許可ということまでありますのでご注意ください。

介護・福祉タクシーは車椅子をそのまま乗せる、リアスロープ、リアリフトタイプが一般ですが、サイドシートが降りてくるタイプや、普通のセダン型でも許可申請は可能です。

ただしセダン型の場合は、お客様に触れての介助が必要となるため、ヘルパー(訪問介護員)資格等が必要となります。

車両は3,5,8ナンバーいずれでも問題なく、普通車・軽自動いずれでも問題ありません。

リアスロープ

リアリフト

サイドアップ