福祉タクシーの運賃について

福祉タクシーの運賃は事業者が自由に決めることは出来ません。運賃は運輸局の認可を受けて初めて適用することができる認可制運賃となっています。

通常は運輸局が定めた自動認可運賃という数種類のパターンの中からひとつを選び、認可を受けます。

自動認可運賃表の一例

- 距離制運賃 時間距離併用制 時間制運賃
上限運賃
(A運賃)
1.5kmまで650円
以降273m毎 80円
1分40秒毎 80円 30分毎 3060円
B運賃 1.5kmまで630円
以降277m毎 80円
1分45秒毎 80円 30分毎 3000円
下限運賃
(C運賃)
1.5kmまで600円
以降282m毎 80円
1分50秒毎 80円 30分毎 1940円

運賃には「距制運賃」「時間距離併用制運賃」「時間制運賃」の3種類があります。

この3種は同一の運賃帯で有る必要があり、距離制はC運賃、併用制はB運賃、時間制はA運賃、などといった適用は出来ません。

一度認可を受けた運賃を変更する時には、変更したい運賃で再認可を得る必要があります。


このページの先頭へ